wptouch更新する前の準備と設定方法は?注意点のまとめ

WordPressで作ったトレンドブログで稼ぐためには、wptouchという

スマートフォン対応にするためのプラグインが欠かせないのですが

あれこれと設定しても更新しちゃうと再度やり直しになってしまいます。

 

ということで、今回はwptouchを更新しても再度やり直ししないための

準備と更新後の設定について説明していきます。

 

 

wptouch更新前の準備

プラグインを更新すると、そのプラグインがフォルダやらファイルがすべて

新しいものになってしまい、過去に変更するため書き換えたファイルも

また最初から書き換えたりしなければいけません。

 

なので、まずは更新する前に書き換えたファイルが入っているフォルダを

デスクトップかどこかにコピーして保存しておきましょう。

(僕のブログ、マニュアルを参考にして変更した方は自分が作成したフォルダ)

 

 

保存するフォルダは以下の場所にあります。

public_html/wp-content/plugins/wptouch/themes/

この『themes』のフォルダの中にある書き換えたファイルが入っているフォルダを

デスクトップにコピーします。(今回は僕が作成したcopyというフォルダ)

 

 

wptouchの更新と設定変更

コピーし終わったらプラグインのwptouchを更新します。

 

次に先ほどコピーしたフォルダを元の場所に戻します。

 

そして、元の場所に戻したフォルダを読みこませるために、

以下のファイルの中を変更します。

public_html/wp-content/plugins/wptouch/wptouch.php

変更する箇所は2箇所です。

※ファイルを変更する際、そのファイルをデスクトップにコピーして、

そこで変更しそのファイルを元の場所に上書きするといいです。

 

wptouch.php 635行目あたり~

	function get_stylesheet( $stylesheet ) {
		if ($this->applemobile && $this->desired_view == 'mobile') {
			return 'default';
		} else {
			return $stylesheet;
		}
	}
		  
	function get_template( $template ) {
		$this->bnc_filter_iphone();
		if ($this->applemobile && $this->desired_view === 'mobile') {
			return 'default';
		} else {	   
			return $template;
		}
	}

この中に2箇所書かれているreturn ‘default’;のdefault

先ほど元の場所に戻したフォルダの名前(今回はcopy)に変更します。

	function get_stylesheet( $stylesheet ) {
		if ($this->applemobile && $this->desired_view == 'mobile') {
			return 'copy';
		} else {
			return $stylesheet;
		}
	}
		  
	function get_template( $template ) {
		$this->bnc_filter_iphone();
		if ($this->applemobile && $this->desired_view === 'mobile') {
			return 'copy';
		} else {	   
			return $template;
		}
	}

変更したらそのファイルを元の場所に上書き保存して完了です。

 

終わりに

以上でwptouchの更新と設定変更の説明を終わります。

 

フォルダのコピーを忘れて更新してしまうと、また最初から広告の設置などの

変更をしなければいけなくなりますので、wptouchの更新が表示されたら

忘れずにこれらの作業をするようにしましょう。

【プレゼント&PASS】ブログメール講座

※Gmailなど普段使っているメールアドレスを入力してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。