エックスサーバーの申し込み方法とオススメプラン

こんにちは、グッチです。

トレンドアフィリエイトで安定して稼ぎたいと考えるのであれば、ワードプレスで作成したあなた専用のブログを作ることをオススメします。

そのため、今回はブログを作る上で必要不可欠となるサーバー、エックスサーバーの申し込み方法について説明します。

なぜ、他の安いサーバーではなくエックスサーバーなのかについては、こちらの稼げるトレンドブログの作り方!オリジナルブログで安定収入を構築をお読みください。

 

エックスサーバーの料金

エックスサーバーには3つのプランがあり、それぞれ料金が異なります。
※契約更新に関しては、更新時に期間を選ぶことができます。

基本的には、トレンドブログ開設時はX10プランに申し込み、1日数万〜10万アクセスを集めるようになって上のプランにしなければいけなくなったときに変更するのがオススメです。

それでは、各プランの料金とお得について紹介します。

 

X10プラン(初期費用一律3,000円)

初回契約
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 6,600円
(税込7,128円)
なし
6ヶ月 9,600円
(税込10,368円)
600円
12ヶ月 15,000円
(税込16,200円)
2,400円
契約更新
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 3,600円
(税込3,888円)
なし
6ヶ月 6,600円
(税込7,128円)
600円
12ヶ月 12,000円
(税込12,960円)
2,400円

 

X20プラン(初期費用一律3,000円)

初回契約
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 10,200円
(税込11,016円)
なし
6ヶ月 16,200円
(税込17,496円)
1,200円
12ヶ月 27,000円
(税込29,160円)
4,800円
契約更新
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 7,200円
(税込7,776円)
なし
6ヶ月 13,200円
(税込14,256円)
1,200円
12ヶ月 24,000円
(税込25,920円)
4,800円

 

X30プラン(初期費用一律3,000円)

初回契約
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 17,400円
(税込18,792円)
なし
6ヶ月 29,400円
(税込31,752円)
2,400円
12ヶ月 51,000円
(税込55,080円)
9,600円
契約更新
期間 費用 お得
(3ヶ月より)
3ヶ月 14,400円
(税込15,552円)
なし
6ヶ月 26,400円
(税込28,512円)
2,400円
12ヶ月 48,000円
(税込51,840円)
9,600円

 

すべてで同じですが、3ヶ月プランよりも12ヶ月プランのほうが安くなります

ですので、サーバー契約を忘れてしまいそうであったり、長期的に見れば安く済ませたい場合は12ヶ月プランで申し込むといいでしょう。

それでは次に、申し込み方法について説明します。

 

申し込み方法

まずはエックスサーバーにアクセスしましょう。

お申し込み】をクリックします。

 

お申し込みフォーム】をクリックします。
※ドメインプレゼント期間の場合は、2の【お申し込みフォーム】をクリックし、まずドメインを取得するといいです。

 

利用規約に同意する】をクリックします。

 

まずはサーバーアカウントを取得するため、一番上の【お申し込み・・・サーバーをご利用…】をクリックします。

 

好きな半角英数字を入力して【検索】し、申し込むことが可能と表示されたら【申し込む】をクリックします。(これがブログURLになるわけではありません)

 

必要事項を記入して、プランをX10になっていることを確認し、【お申し込み内容の確認】をクリックします。

 

申し込みが完了したら下記のような文面のメールが届きますので、設定が完了したというメールが届くまでしばらく待ちましょう。

 

設定が完了すると件名が

Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)』というメールが届きますので、その中のユーザーアカウント情報からインフォパネルのURLをクリックします。

 

先ほどのメールに記載されているサーバーIDとパスワードを入力してログインしてください。

 

申し込んだ直後は試用期間になっているので、【料金のお支払い】からサーバー代を支払って本契約を結びましょう。(ドメインを取得して、一緒に支払ってもOKです。)

 

以上で、エックスサーバーの契約は完了です。

 

まとめ

以上、エックスサーバーの申し込み方法とオススメプランについてでした。

次にドメインを取得して、契約したエックスサーバーに関連付けます。

ただ、その前にトレンドブログを作る時のドメイン!新規・中古・日本語どれが一番?の記事を読んでドメインについて学びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。