トレンドネタを使ってツイッターで大量にRTを起こす

twittre

こんにちは、グッチです。

ツイッターでフォロワーを集めるためにはつぶやきをRTさせることが必要になり、RTされることによってアカウントを知ってもらえるきっかけを作ることができます。

きっかけを作ることができれば、あとはアカウントが相手にとって「フォローしたい」と思えるアカウントになっていれば、フォロワーが集まっていくという流れですね。

ただ、なかなかRTされるようなつぶやきができない人もいるでしょう。

そこで、トレンドネタを使った大量のRTを起こす方法とその事例を紹介します。

 

トレンドネタで大量のRTを起こした事例

まずはトレンドネタがどれだけの威力を発揮するのかについて事例を2つ紹介します。

1つ目は台風が来たときのネタです。

台風についてつぶやいたところRTによってどんどん拡散されていき、最終的にはRT数は5000を超えました。

そして、この1回のツイートで1500近くフォロワーを増やせています。

2つ目はスーパームーンのネタです。

こちらは、夜中にツイッターを見て回っていたら「今夜スーパームーンなんだって」というツイートがあり、そういえばコンサル生がネタブログでこの記事を取り上げていたなと思いだして急遽つぶやいてもらいました。

すると夜中だったのにもかかわらず1500RTまで拡散されたのです。

もちろん、せっかくのトレンドネタなのでネタブログの記事URLも一緒にツイート内に入れてもらいました。

結果、1回のつぶやきで3500PVまで伸びたとの報告が。

夜中0時〜3時までの間でしたが、そこそこアクセスは集まったようですね。

このように、トレンドネタを上手くツイッターで絡めていけば大量にRTが起こり、それにより想像以上のフォロワー数を集めることや、ブログにアクセスを集めることができるようになります。

 

どこからトレンドネタを探す?

では、このようなトレンドネタをどこから探すかについて紹介していきます。

基本的には「ここだけ見ておけばいいよ」というのはなく、色んなサイトやアカウントを見て回るといいのですが、抑えておくべきポイントを紹介します。

ついっぷる
Yahoo!リアルタイム
NAVERまとめ
2chまとめサイト(ソニック速報や暇つぶしニュースなど色々)

上記のサイトなどは抑えておけば、最新のニュースやトレンドネタなどを見つけられる可能性は高まります。

特についっぷるはツイッター上で話題となっているツイートを表示してくれるので、トレンドネタなどはわかりやすく、見つけやすいですね。

ぜひ、上記のサイトは頻繁に見て回るようにしてみるといいです。

 

終わりに

以上で、トレンドネタを使ってツイッターで大量にRTを起こすの説明を終わります。

フォロワーを集めるためにはRTによって拡散させることが一番手っ取り早い方法ですので、「フォローしたい」と思えるアカウントはもちろんですが、RTされやすいつぶやきも色々と試してみるといいですよ。

その2つがハマれば、下記の記事で紹介しているように大量のフォロワーを短時間で集めることも可能ですので。

ツイッターのフォロワーを3時間で1000以上集めた方法

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

twittre

4 件のコメント

  •  はじめまして。

     トレンドネタに敏感になれると、稼ぎの爆発力が出ますよね。どうやってネタを探すのか、具体的に教えていただき、ありがとうございました。

     貴重な記事を提供していただき、ありがとうございました。また、見させていただきますね。

     よければ、こちらにも遊びに来てくださいね(^^♪

    • NET-Qさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      参考になったのであればよかったです!

      またよければ訪問してください。

  • ぐっちさん

    こんばんは。ナオトと申します。
    ランキングから訪問させていただきました。

    アフィリエイターさんのブログでtwitterの具体的なフォロワーの増やし方を書いてる方は少ないですよね。

    分かりやすく、実例も出して説明下さって感謝します。

    参考にさせていただきます。

    貴重な教えをありがとうございます。

    ナオト

    • ナオトさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      参考になったのであればよかったです!
      またよければ訪問してくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>