【NEXT VISION沖縄合宿】レター作成の模様と裏側

oki10

こんにちは、グッチです。

先日、僕が運営しているコンサル企画のNEXT VISION(通称NV)に参加しているメンバーで沖縄に行き、レター合宿を行いました。

7月にも北海道の支笏湖でステップメール合宿を行いましたが、
1泊2日だとあっという間過ぎる
というメンバーの要望で、今回は2泊3日。

ホテル代が馬鹿にならなかったです。。。

しかも結論から言うと、2泊3日でも時間が足りないという状況に。

ということで、今回はレター合宿in沖縄の裏側をお見せしていきます。

 

グッチ流セールスレター作成の流れ

セールスレターは1日で書き終える

僕のやり方は基本的に、セールスレターは気分が変わらないように1日で書き終えて、次の日に気分を変えてチェックして修正する流れです。

人って寝てしまうと前日の情熱とか思いとか文章に宿るものが変わってしまうと思うから。

ちなみに、
合宿から脱線しますが、ここで僕が書くときのレターの流れを少しお話しようと思います。

 

レター作成は上から下に

レターを作成するとき、まずはどんな商品(企画やコミュニティ)なのかをはっきりとさせていきます。

・その商品や企画にはどんな特徴があって
・手にすることでどんな未来を手に入れられて
・それを打ち出す自分には何があるのか(実績とか武器とか)

などなど、そういうことを考えて
この企画はこういうものだ
と相手に伝えられる段階になってからレターを作成し始めていきます。

一言で言うとコンセプト(軸)みたいなものをはっきりとさせます
(そのための材料が先ほどの3行みたいな感じです。)

その軸が決まったら僕の場合はヘッドコピーを作成しちゃいます。

ヘッドコピーを先に作るタイプ、最後につくるタイプに分かれますが、僕は先ですね。

ヘッドコピーを作ることで、レターの全体像(下)ができあがっていくので。
(ストーリーとか、魅せ方とか)

レターを作る流れを書き出すと

1.コンセプト(軸)をはっきりとさせる
2.ヘッドコピーを作る
3.ヘッドコピーから全体の流れが決まる
4.コンテンツや特典の魅せ方
5.価格の魅せ方

4と5はどっちが先でも構わないんですが、これら5つができれば自然とレターもできあがるので、まずはこの5つを考えて形にしていきます。

 

ではここから話を戻して。

沖縄合宿では、コンセプトに関しては合宿に参加する前に決めてもらい、2泊3日でレターを完成させる流れでした・・・。

 

沖縄合宿1日目

飲み物は飲み放題、お菓子は食べ放題のホテル内にある、人が少ないラウンジで各自レターを作り始めたのですが。

ビールを飲みながらレターを作成し、

ろくろを回しながら話し合って、

夜中は食事に行く途中で見つけたベイブレードとお酒を購入する流れになり、ホテルの部屋で真夜中のベイブレード大会(罰ゲームあり)が始まり、

レター合宿の初日は大人の修学旅行みたいなノリで終わっていました。

ここで反省点を先に言うと、非日常を体験できるところで1泊2日が2泊3日に伸びたら、人は余裕を持ってしまって1日は遊んでしまうということだったんだと思います。。。

だから、『できた人は遊んでOK』みたいな決まりを作ればよかったなと。

案の定、2日目は・・・。

沖縄合宿2日目

昼に海沿いに行って気分転換をしたあと

「このままじゃ完成しなくね?」
「ホテルに戻って夜までに形にしよう」

という参加メンバーで話し合いになり、(このときの写真は笑顔がなかったです笑)

ホテルのラウンジに戻ってお酒なしで各自レターを黙々と作り、

夜に部屋に集まってもらい出来上がったレターやヘッドコピーをみんなの前で添削して、修正点を洗い出し。

あとは各自のレターに指摘した点を修正すれば、ほぼ完成という状態までなんとか辿りつくことができていました。

人は集中すれば8時間ぐらいでレターを形にすることはできるのです。

 

場所もやることもほぼ強制しない理由

今回の沖縄合宿では“レター作成”が1つの目的でしたが、

沖縄という場所でレターを作る自分をどのように活かすか

これを考えてもらうのが、もうひとつの目的でした。

だから、僕がやったことといえば、

・沖縄で合宿を開催して
・初日に作り方とか考え方を伝え
・2日目の朝に今日の目標を伝え
・レターを添削して修正点を伝える

これぐらいしかやっていません。

ラウンジでメンバーが作業をしていたら、僕もラウンジにいて質問があれば受け付けて、他の時間は自分のことをやったりしてただけ。

2日目は、質問がないかなと思ったら部屋で1人のんびりしていました(笑)

どうしてあまり強制しないようにしたかというと、

自分の情報を発信するのであれば、過ごしている日常にはたくさんのネタがあって、自分にとって使える武器、使えない武器がありふれていると思っていて。

でもそれらは「自分にとってプラスかマイナスか(使えるか使えないか)」を考えないと活かすことができないと思っています。

そしてそのためには日常から考えないといけない。

それぞれの人が情報発信のスタイルは違ってくるので、

『沖縄に来てレターをガッツリと作りました』
『沖縄に来て遊びながら仕事をしていました』
『沖縄にビジネス仲間と一緒に行って遊びながら話し合いました』
…etc

みたいに、自分にとって何がプラスとして活かせるかと考えて過ごしてほしいなと。

そうやって考える癖を付ければ、日常から自分に活かせる出来事を拾い上げることができるし、話すネタに尽きることもなくなるので。

だから“この時間はこの場所で何をしよう”という強制はなるべくしないようにしてました。
(そのため1日目みたいなことが起こったと言われると反論できないんですが汗)

考える癖などが少しでも身についてくれればと思い、レター添削が終了した最終日もベイブレード大会が始まって沖縄合宿は無事終了しました。

 

あとがき

とりあえず、レターを作ったことがない人はレターの作り方とかヘッドコピーを形にでき、これから販売する商品や企画のレターを作った人は全体が形になったのでよかったなと。

いつもスカイプ越しに伝えていることも顔と顔を合わせて伝えたほうがわかりやすかったり、伝えやすかったりしますね。

なので、半年に1回は非日常で合宿を行えればなと個人的に考えています。

ただ、はじめての沖縄は“仕事をするため”よりも“のんびりするため、遊ぶため”に行く場所だなって思いました。

前日入りして、沖縄の島で表すとちょっと上にある北谷のホテルに止まったのですが、海沿いでは癒やされ、ホテルの部屋から観る景色は最高で。

11月なのに北海道では7月ぐらいの気候で過ごしやすく。

沖縄はのんびりしたり、遊びに行く場所だなって感じでした。(来年の冬に2週間ぐらい滞在しようかなと企んでます)

沖縄は、ホテルにこもってパソコンをする場所にしたら誘惑が多すぎる場所でしたね。

ちなみに、北海道に帰った翌日は・・・。

同じ日本とは思えないほどの別世界でした(笑)

oki10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>