ワードプレスで記事の途中にアドセンス広告を設置させる方法

ctr

こんにちは、グッチです。

アドセンス広告のクリック率向上のため、記事の書き出し下にアドセンス広告を表示させる方法について説明します。

こちらの『アドセンス広告のクリック率を上げる方法その2(配置位置)』で説明している通り、記事の書き出し下に広告を表示させることによってアドセンスのクリック率が上がる可能性は高くなります。

ですので、もしクリック率が低い、またこれからブログを始めるのであれば、書き出し下に広告をのせる参考にしてもらえればと思います。

 

書き出し下に表示させるプラグイン

書き出し下にアドセンス広告を表示させるのは、

・テンプレートのfunction.phpをいじる
・プラグインを活用する

この2つの方法がありますが、
function.phpは少し間違えると画面が真っ白になるリスクもあるので、テンプレートカスタマイズに慣れていない場合はプラグインを活用することをおすすめします。

また、記事途中にアドセンスを表示させるプラグインも

・Master Post Advert
・AdSense Manager

この2つがありますが、今回の書き出し下にアドセンス広告を表示させるプラグインの説明では『Master Post Advert』で説明していきます。

AdSense Managerについてはこちらの『AdSense Managerの設定と使い方』を参考にしてください。

テンプレートによってはmoreタグを使うことでトップページには書き出しのみ表示させることができるものがあります。

そして、今後テンプレートを変更した際に備えて書き出し下はMaster Post Advertのプラグインでアドセンス広告を表示させることをおすすめしています。

それでは、実際に書き出し下にアドセンス広告を表示させる流れを説明します。

 

Master Post Advertの使い方

ダッシュボードから、プラグイン内にある新規追加をクリックして「Master Post Advert」と検索します。

そして、表示させたプラグインから『今すぐインストール』をクリックします。

追加しましたら、『プラグインを有効化』をクリックします。

次に、追加した「Master Post Advert」は、ダッシュボードの設定内にありますので、そちらをクリックして開きます。

Advert area alignmertは、左寄せ、中央寄せ、右寄せの設定になります。
Advert area titleは、何も記入しなくて大丈夫です。
Advert codeには、広告コードを入力します(スポンサーリンクも忘れずに

すべて完了したら「変更を保存」をクリックします。

以上で設定は完了です。

あとは、記事を書くときに文章の書き出し下にmoreというコードを使うことで、moreの部分に広告が自動で表示されるようになります。

ビジュアルの場合

テキストの場合
※メニューに「more」という表示がない場合は、AddQuicktagというプラグインを使って設定するといいです。

 

まとめ

以上でワードプレスで記事の途中にアドセンス広告を設置する方法の説明を終わります。

書き出し下は、プラグインの「Master Post Advert」を使えばmoreにて自動でアドセンス広告を表示させることができますので活用してみてください。

もし、使用しているテンプレートがトップページにはmoreを使わずに自動で一定の文字を表示させるものであり、今後テンプレートを変更することはないという場合は、「AdSense Manager」のみでもいいでしょう。

アドセンス規約を守りつつ、クリック率向上を目指していきましょう。

ctr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>