トレンドアフィリエイトの参入者が増えても飽和状態ならない理由

houwa

こんにちは、グッチです。

トレンドアフィリエイト(トレンドブログ)は、僕が知るかぎりでは2012年前から実践している人がおり、調べてみると2007年には

芸能ネタを書いて楽天アフィリエイトの広告で稼ぐ

という手法が教材で販売もされていたそうです。

それぐらい前からあるトレンドアフィリエイトがどうして飽和状態にならないのか?

トレンドアフィリエイトの教材『下克上』や『PRIDE』が販売され、多くの人が参入しているのに、未だに稼ぎ続けられる理由について、僕なりの意見をお話していきます。

 

飽和状態にならない理由

今から始めても稼げるかどうか不安

このようなメッセージが意外と多く届きますが、このような不安はトレンドアフィリエイトでは一切抱える必要がないと思っています。

その理由は主に2つです。

1.多くの人が実践するが途中で辞めてしまう
2.アクセスが集まるネタやキーワードが山程ある

これら2つの理由のため、トレンドアフィリエイトは一切飽和状態にならず、Googleのルールが変わることがない限り、アクセスを集めて稼ぎ続けることができると思っています。

実際、僕は2012年7月からトレンドブログをはじめていますが、2015年に入っても未だにトレンドアフィリエイトからの報酬が全体の3割ほどを占めています。

それでは、それぞれの理由についてお話します。

 

途中で辞める人が多数

僕は数多くのトレンドブログを見てきました。

自分が参考にするため、コンサル生に指導するため、ネットサーフィンしているとき・・・。

きっと200を超えるトレンドブログを見てましたが、未だに更新を続けられているトレンドブログは5%もないでしょう。

手動ペナルティを受けてしまって更新が止まったブログもありますが、半分以上は“ただ更新を止めた”ものばかりで、途中でトレンドブログをやめてしまった人がほとんどなのです。

新たにトレンドブログをはじめる人がいるけど、それと同じぐらい辞める人がいる

これがトレンドアフィリエイトの現状だと思っています。

辞めてしまう理由については別の機会でお話しますが、このような理由からトレンドアフィリエイトで稼ぐ手法が飽和状態には決してなることがないと考えています。

では次に、もう一つの理由についてです。

 

ネタやキーワードが山程ある

トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法の1つが、トレンドキーワードで記事を書き、大量のアクセスを集めることです。

そして、そのトレンドキーワード(ネタ)は新しいものが毎日のように生まれます。

当たり前ですよね?Yahoo!ニュースなどを見れば、昨日のニュースが次の日の夕方まで残っていることなんてほとんどないでしょう。

それだけ、世の中新しいニュースで溢れているのです。

そのため、トレンドキーワードがなくなることがなく、毎日たくさん新しいネタが生まれるため、例え実践している人が多くてもネタやキーワードが尽きることがないのです。

また、トレンドキーワード以外で、毎年必ず行われるイベント。

これも2012年の情報、2013年の情報、2014年の情報・・・、と同じものばかりではなく、新しいネタやキーワードが生まれてきます。

このように、ネタやキーワードは山程あり、毎日のように増え続けるのも、トレンドアフィリエイトが飽和状態にならない理由です。

 

トレンドアフィリエイトの新しい稼ぎ方

このページで話した2つの理由から、トレンドアフィリエイトで稼ぐことが飽和状態にはならないと考えています。

そして、トレンドアフィリエイトは“すべてのニュースを混ぜたブログ”だったのか、今では“1つのネタに絞ったブログ”のように特化型ブログも生まれました。

他にもYouTubeを絡めたものなども出てきました。

このように日々少しずつでもトレンドアフィリエイトの手法も変化していることから、実践方法は変わる可能性はあるものの、稼げなくなることはないと思うのです。

 

まとめ

先程も話しましたが、僕自身、未だにトレンドアフィリエイトからの報酬はあり、今後も辞めないかぎりなくなることはないでしょう。

ネタもキーワードが山程あるため、例えトレンドブログをはじめる人が大量に増えたとしても困ることはありません。

ですので、もし「飽和するのでは?」と不安に思って一歩踏み出せないのであれば、気にしないで実践してみるといいでしょう。

始める人と同じぐらい辞める人がいるので、その中で続けることができれば、必ず月10万円はもちろん、それ以上の金額を稼ぐことだってできますので。

もちろん、正しい方法で実践することが大事ですのでお忘れなくです。

houwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>