【最新】グーグルアナリティクスの検索ワードの調べ方と分析法

こんにちは、グッチです。

この記事では、2016年現在のグーグルアナリティクスでの検索ワードの調べ方とブログに使える分析方法について紹介します。

自分のブログに訪れてくれる訪問者が、どんな検索ワードでアクセスしているのかを知ることによって、何を求められ、何を知りたがっているのかを知ることができます。

そして、それによって

・このキーワードで記事を書けばアクセスが集まりそう
・この記事で求められている内容は違うことではないか

と、求められている記事を書くことができますし、また、他の記事で検索ワードを考える際のヒントにもなりますね。

ではさっそくグーグルアナリティクスの検索ワードの調べ方について説明します。

※グーグルアナリティクスはたまに仕様変更で見方や調べ方が変わることがあります。この記事では今現在の最新で説明していきますが、もし変わっていたらご了承ください。

 

グーグルアナリティクスの検索ワードの調べ方

自分のブログにどのような検索ワードが多いのか、また、記事ページにはどの検索ワードでアクセスしてきているのかを調べる方法を説明します。

まずはブログ全体の検索ワードについてです。

グーグルアナリティクスにアクセスし、左のメニューにある『集客』内の『キャンペーン』内の『オーガニック検索キーワード』をクリックします。

すると、下記の画像のように自分のブログに訪れてくれる訪問者が打ちこんだ検索ワードを一覧で知ることができます。

not providedとは、訪問者の検索ワードがアクセス解析ツールでわからなかったときに表示されるもの。

通常は10個ほどしか1ページに表示されませんが、右下の表示する行数を増やすことによって、表示させる検索ワードの数も増やすことができます。

また、期間(日付)を変更して、今月はどの検索ワードがアクセスを集めているか、などと知りたい場合は、右上にある日付から変更することができます。

このようにして、ブログへの検索ワードをグーグルアナリティクスで調べていきます。

 

続いて、ブログ全体ではなく1つ1つの記事ページの検索ワードの調べ方です。

次は左メニューにある『行動』内の『サイトコンテンツ』内の『すべてのページ』をクリックします。

すると、ページ毎のアクセス数などが表示されます。

URLだけでわからない場合は『ページタイトル』をクリックすると、URLではなく記事ページのタイトルが表示されます。

次に、検索ワードを知りたい記事ページをクリックすると、その記事ページ単体でのアクセス推移を知ることができます。

その記事ページの検索ワードを知りたい場合は、『その他』内の『集客』内の『キーワード』をクリックします。

すると、その記事ページに集まっている検索ワードを知ることができます。

このようにして、それぞれの記事ページに集まっている検索ワードをチェックし、次の記事などに活かしていきます。

では、ここから検索ワードを分析して次の記事に活かす方法について説明します。

 

検索ワードの分析と活かし方

検索ワードを知ることで活かせる点は主に2つあると考えています。

・狙っていない検索ワードで集まっているならその単体記事を書く
・アクセスが集まる検索ワードの傾向を知り別記事に活かす

狙ってない検索ワード

タイトルを付けるときにキーワードは意識しますが、記事の中でチラッと出した情報が意外と需要があり、タイトルに入れていない(狙っていない)検索ワードで大量のアクセスを集められることがあります。

そして、ライバルも一切いないのであれば、その検索ワードでのアクセスを独占することも可能になるので、

アクセスを集めている狙っていない検索ワードで記事を書く

ということをしていくといいです。

ただ、検索数があまりない場合は新たな記事を書かなくてもいいでしょう。

検索ワードの傾向を知る

今まで書いたことがない記事ネタだと、検索ワードが何でアクセスを集めるかわからないことがあります。

そういったときに記事を試しで書いてみて、アクセスを集めたのであれば検索ワードをチェックし、

・どのような検索ワードでアクセスを集めるのか

と知ることによって、次から似たようなネタを書くときに、アクセスが集まる検索ワードを中心に記事タイトルを構成することができますね。

検索ワードを知ることは、それだけ自分の中にストックが貯まります。

なので、
定期的にグーグルアナリティクスを見て最新の検索ワードをチェックするといいです。

 

まとめ

以上、グーグルアナリティクスの検索ワードの調べ方と分析法についてでした。

検索ワードを知ることは、それだけブログにアクセスを集められる検索ワードを知ることになるので、グーグルアナリティクスが難しそうでも、今回説明した検索ワードの調べ方だけは落とし込んで、定期的にチェックしてみるといいです。

また、グーグルアナリティクスは他にも色んなデータを見ることができます。

使っていくうちに慣れてくると思うので、いろいろといじってみるのもいいですよ。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

今回説明したグーグルアナリティクスの検索ワードの調べ方は2016年6月現在の調べ方で、最新版に切り替わると変わることがあります。

その際には、また記事を最新版に更新したいと思います。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です