トレンドアフィリエイトで外注化して稼ぐために必要な考え

 

トレンドアフィリエイトの稼ぎ方を理解し、ある程度稼げるようになったら

さらに報酬を増やすためにブログを増やし、そのブログを外注化することも

考えていくことが必要になります。

 

ただ、話を聞いてみると外注化している人の中にはまったく利益が出ないで

逆にマイナスになっている人もいますし、納得できる記事を書いてもらえない

という人もいるようです。

 

そこで今回はトレンドアフィリエイトで外注化して稼ぎ続けるために必要な考え方

これについてお話していこうと思います。

 

外注するときにこの考えを持つだけできっと成功できる可能性は広がるはずです。

 

 

外注で働く人は自分が稼ぐため

 

まず、外注として働く人はどうして働いてくれているのか?ということから

考えていきましょう。

 

たぶん既にお分かりだと思いますが、その人自身が稼ぐためですよね。

 

雇い主を稼がせようと思って記事を書いたりしているわけではありません。

 

だから、「濃い記事を書いてよ」とか「タイトルの付け方を覚えてよ」など

こちら側の意見を押し付けても、相手にとっては記事を書けば報酬が

貰えるわけですから、そんなことは関係ないと思う人がが多いと思います。

 

記事を書けば報酬がもらえるわけですから、濃い記事を書く必要性や、

良いタイトルを付けてアクセスを集められるかどうかなんて関係ないんです。

 

だったらどうすれば濃い記事、良いタイトルを付けてもらえるのか?

 

これは僕の経験上、その人をしっかりと育てて稼げる力を身に付けさせる

という考えで接して取り組ませればいいと思います。

 

 

コンサル生のように育ててあげると上手くいく

 

3ヶ月4ヶ月という長期的な視野で考えるのであれば、その人を育てるという

考えて接していくのが一番結果を出してもらいやすいです。

 

外注として働くのではなくて、トレンドアフィリエイトをアルバイトをしながら学び

いずれは自分で稼げるようになりませんか?

アルバイトで記事を書いてくれている間はしっかりと教えていきます。

 

このようにすれば断る人は少ないでしょうし、記事を書くという作業が

報酬のためだけじゃなく自分のスキルアップのためにもなりますので、

教えたことを記事に反映して、濃い記事を書いてくれるようになる。

 

当然、アフィリエイトで稼げるようになりませんか?と言っているわけですから、

外注として働く人も知識が付けば自分でブログを運営するでしょうけど、

そこはあらかじめ「3ヶ月は続けてくださいね」と言っておけばいいです。

 

また、それを見据えて1ヶ月に1人から2人ぐらいずつ働いてくれる人を

増やしていけばいなくなるというリスクも下げることができますよね。

 

 

まとめ

外注として記事を書いてくれる人があまりいい記事を書いてくれない

という場合は、その人にとっては記事を書けば報酬をもらえるから

記事の濃さなんてそこまで関係ないわけです。

 

だから、記事を書けば報酬をもらえるだけじゃなく、自分が将来

月何十万円と稼ぐために記事を書くことを練習してもらえれば

きっとその人もきちんとやってくれるはずです。

 

もしそれでもダメであればその人は諦めたほうがいいかもしれませんね(笑)

 

自分のコンサル生のように働いてくれている人と接して教えていけば

必ず濃い記事を書いてくれるようになり、トレンドアフィリエイトでの

報酬も確実に増えていきます。

 

外注として働いてくれる人にはただ記事を書いてもらうだけじゃなく、

きちんと育てるという考えで接していくといいですよ。

【プレゼント&PASS】ブログメール講座

※Gmailなど普段使っているメールアドレスを入力してください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。