WordPressのブログでページ毎に違う広告を表示させる方法

こんにちは、グッチです。

ブログで色んなジャンルの記事を書いていると、そのジャンルだけのページで紹介したい記事や文章、広告などってありませんか?

例えば、ツイッター関連の記事の最後でツイッターに興味がある人には読んで欲しい記事があったします。

その際、1回1回リンクを入れるのもめんどくさいですよね。

また、トレンドブログで例えばAKB48関連の記事を書いて、記事の最後でAKB48関連の広告を入れたい場合。

そちらも1回1回記事に広告を入れるのはめんどくさい作業だと思います。

かと言って、すべての記事下に入れるような広告や文章でもない。

そういう場合に、カテゴリー指定してそれぞれのページで違う広告や文章を表示させる方法について説明していきます。

イメージ図

 

カテゴリーIDを調べる

今回紹介するページ毎に違う広告や文章を表示させる方法というのは、カテゴリー毎に指定した広告や文章を表示させる方法になります。

なので、まずは必要なカテゴリーIDを調べる方法を説明しておきます。

管理画面>投稿>カテゴリーを選択してください。

そして、IDを知りたいカテゴリーの上にマウスポインターを移動し、右下に表示されるURLの中にある『ID=数字』の数字がIDとなります。

 

この数字(ID)を使用してカテゴリー毎に表示させたい文章や広告を加えます。

 

表示させたい箇所にコードを加える

今回使用するコードは下記のコードとなります。


<?php if( in_category( '表示させたいカテゴリID' ) ) { ?>

ここに表示させたい広告または文章を入力  

<?php } ?>

上記のコードを表示させたい箇所に加えれば、指定したカテゴリー記事のページのみに広告や文章を表示させることができます。

例えば、記事の終わりに広告や文章を加えたいのであれば、WordPressのブログでなら管理画面>外観>テーマ編集より、記事ページのファイル(single.phpなど)を選択し、記事の終わりに上記のコードを加えれば表示されます。

 

終わりに

以上、カテゴリーを指定してページ毎に違う広告や文章を表示させる方法でした。

「ツイッターに興味がある人にはぜひこの記事も読んで欲しい!」

「漫画関連の記事を読む人には漫画系の広告を表示させたい!」

などという場合には、今回紹介した方法はきっと役立てることができるでしょう。

特に、ブログでASP案件を絡めたい場合は各記事のジャンルに適した広告を設置するときには活用してみるといいですね。

ASPを絡めるだけで月の収益が2倍3倍となることもありますので。

2 件のコメント

  • 他のサイトで紹介されていた方法では全部ダメで、こちらの方法とタグを使ってようやく表示させることができました!
    どうもありがとうございます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です