ブログの記事を早く書くコツを伝授!1時間で1記事を仕上げるために

こんにちは、グッチです。

WEBライターをやっている人、ブログを運営している人にとっては『記事を書く』というスキルは必要なもの。

ただ、この『記事を書く』のに慣れていないと、どうしても時間がかかったり、大変だから投げ出してしまったり。

その結果、なかなか続けられない、結果が出ない状態に

そこで、この記事ではブログの記事を早く書くための僕なりのコツをまとめました。

慣れれば1時間で1記事を書けるようにもなりますし、30分で1記事を仕上げることも可能になりますので、記事を書くのに慣れていない場合はコツを参考にしてみてください。

 

3日で1記事だったパートナーが3ヶ月後に

記事を書くのに慣れていないと時間は当然かかりますが、ただ記事を書こうと思っても時間はかかってしまいます。

どのように書けば記事をスムーズに書けるか、というコツを知ることも大事です。

実際、タイピングスピードは早いけど、一度もブログ記事を書いたことがなかったブログパートナーの1人は、初めての記事が3日かかっても最後まで書くことができませんでした。

そこで、どうすれば早く書けるようになるかというコツを伝えて書いてもらったところ。

1日1記事を書けるようになり、
1日3記事を書けるようになり、
3ヶ月後には1日6記事を書けるようになりました

コツを知ることでブログの記事を早く書くことができ、早く書くことができることで慣れるスピードも上がる。

だから慣れよりもまずは記事を書くためのコツを知ることが大事だと考えています。

それで、僕なりの記事を書くときのコツはたった3つだけです。

 

ブログ記事を早く書く3つのコツ

僕が実践しているブログ記事を早く書くための3つのコツは

コツ1.記事を書く前に全体像をイメージする
コツ2.情報をすべて集めてから記事を書く
コツ3.時間を決めて時間内に終わらせる

簡単にですけど、それぞれのブログ記事を書くコツについて説明します。

コツ1.全体像をイメージ

記事を書くのに時間がかかるケースの多くは“何を書いていいかわからないから言葉が出てこない”が原因だと思います。

実際、僕自身も記事を書こうと思っても何を書こうか決めてなかったら時間がかかりますし、何を書くか決めていてもどんな情報を伝えようか決めていなかったら時間がかかります。

それこそ今でも2時間近くかかることもあります。

だから、まずはネタが決まったら記事の全体像をイメージすることが大事

検索する人(訪問者)は何を求めているだろうか?
タイトルに入れたキーワードで記事に入れなくちゃいけない情報は?
どのような順番で情報を伝えればわかりやすいだろうか?

このように、ざっくりとでいいので書き出しから終わりまでの間で何を伝えるか、どのような情報を持ってくるかをイメージする。

その上で記事を書き始めるようにすることで、スムーズに言葉がでてきますし、情報も整理されているから書きやすくなります。

それで、これら記事の全体像のイメージは

記事を書き始めようと思ったタイミング”ではなく“日常過ごしているタイミング

で考えておくことで、記事を書き始めた際に考えなくていいから早く書くこともできます。

だから僕の場合は、前日寝る前に次の日に書く記事のネタを決めたとしたら寝る直前とか歯を磨いているときとか、そういうタイミングでさっき伝えた3つ

・相手は何を求めているだろうか?
・どんな情報があればいいか?
・順番はどうするか?

っていうことを考えておいて、忘れそうならメモ帳などに書いておいていますね。

これが1つ目のブログ記事を早く書くためのコツ。

コツ2.情報をすべて集めてから記事を書く

続いてのブログ記事を書くときのコツは、情報をすべて集めてから記事を書くということです。

記事を書く際に自分が知らない情報はネット上から検索して探したり、本を読んで情報を身に着けたりしますが、その作業を記事を書きながらやってしまうと効率が悪くなってしまう

記事を書く作業情報を整理する作業

これは一緒にやるのではなくて、ひとつひとつ別々でやるべきことなんです。(脳で使う場所が違うとか)

同じく、記事を書く作業と修正する作業も使う脳が別なようで書きながら修正してしまうと効率が悪くなってしまって時間がかかってしまいます

ですから

情報を集める、整理する
記事を書く
記事を修正する

これらの作業は上から順にひとつひとつやっていったほうが効率は上がりますし、実際僕も3つ一緒にやるよりもひとつひとつやっていったほうが記事を書くスピードは圧倒的に早くなりますね。

もし、今は一緒にやってしまっていて慣れているかもしれません。

ですが、別々で慣れたほうが今後記事を書くスピードは上がっていくと思いますので、何度か試してみてください。

もちろんまだ記事を書くのに慣れていない場合は別々でそれぞれやっていきましょう。

コツ3.時間を決めて時間内で終わらせる

最後3つ目のコツは、時間を決めて時間内で終わらせる、ということです。

ブログ記事を書く人の中には3日掛けて1記事を書くという人もいます。

もちろん量が膨大な記事になってしまう場合は仕方がないかと思います。

ですが、3000文字ぐらいの記事であれば、数日掛けて記事を書くよりも1日で書き終えたほうが情報が整理されている状態なので書くスピードが早くなります

それは、寝てしまうとどうしても前日に書こうと思っていたことを忘れてしまったり、気分が変わって文章もグダグダになってしまって修正に時間がかかったりしてしまうから。

だから、理想は1時間で書くと決めたら最後までとりあえず書いてみる。

みたいに時間を決めてその時間内で記事を書き終えるようにしたほうがいいです。

その時間は別のことは一切せずに記事を書くだけに集中して、ですね。

僕はブログ記事を書く際にはこちらの記事で紹介している『Focus Time』というアプリを使っています。

アフィリエイトやブログのやる気が出ない時にやっている3つの対処法

2017.05.24

25分集中して記事を書いて、5分休んで、25分集中して記事を書いて、5分休んで。

この記事も1度目の25分間でここまで仕上げて、残りの25分間で修正など行います。

このサイクルにすることによって、別のことは一切せずに頭のなかにある情報をとにかく書き出しているから、記事を書くのも早くなっていくわけです。

時間を決めて時間内で終わらせる、そして別のことは一切せずに集中する。

これが3つ目のブログ記事を書くときのコツになります。

 

おわりに

以上、僕のブログ記事を早く書くときの3つのコツについてでした。

あらためてまとめると

コツ1.記事を書く前に全体像をイメージする
コツ2.情報をすべて集めてから記事を書く
コツ3.時間を決めて時間内に終わらせる

これらを意識して記事を書くだけでもだいぶスピードは変わってきます。

もちろん記事を書くのには慣れも必要です。

でも、ただ慣れるのを待つか、コツを掴んで慣れるかで全然スピードは変わってきますので、参考にできるコツがあれば参考にして、自分なりの記事を書く際のコツを掴んでみてください。

メルマガでプレゼントしているPDFの中にはさらに詳細に説明したマニュアルも用意しています。

記事を書く作業を5つに分けてブロック毎の時間を意識する方法です。

無料ですので、そちらも興味があればメルマガに登録して受け取ってください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

【プレゼント&PASS】ブログメール講座

※Gmailなど普段使っているメールアドレスを入力してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。