ブログのアクセス数と収入の目安について!どれぐらいで稼げるか?

こんにちは、グッチです。

トレンドブログや特化ブログ、趣味ブログやビジネスブログなど、ブログと言っても幅広くありますが、ブログを運営するからには何かしらの目的があると思います。

トレンドブログや特化ブログなら『稼ぐ』こと、収入を増やすことが第一の目的の人が多いでしょうし、趣味ブログなら自分と気の合う人を集めるのが目的だったり、ビジネスブログなら『ブランディング』や『集客』が目的だったり。

そして、
それぞれの目的を達成するためにはブログにアクセスを集めなければいけません。

ただブログを始めたばかりでは先が見えずに
いったいどれだけのアクセスを集めればいいのか
と、目安がわからないからこそ不安になってしまうこともあるかと思います。

そこで今回は『稼ぐ』にフォーカスして、トレンドブログや特化ブログのアクセス数と収入の関係や目安について紹介していきます。

 

アクセス数≠収入を理解する

ブログで目的を達成するためにはアクセスを集めることが必要ですが、全てのブログで必ずしもアクセス数=収入になるわけではありません。

ブログとアドセンスの組み合わせなら、アクセス数が増えれば収入も増えやすい。

ですが、
ASP案件を成約させて稼ぐ場合、いくらアクセスを集めようとも収入が0円もあり得る。

また、トレンドブログや特化ブログを含む、ブログとアドセンスを組み合わせる場合でも、取り扱うネタとそれを求める訪問者の属性によって収入に繋がりにくいケースもあります
アドセンスのクリック率(CTR)が低い理由で考えられること

ですので、必ずしもアクセス数=収入にはならないことは覚えておきましょう。

そして、アクセス数と収入の目安はブログのネタによって大きく変わります。

それでは、ブログのアクセス数と収入の目安についてお話します。

 

収益化により変わる収入の目安

アドセンスで稼ぐ場合とASP案件で稼ぐ場合の2通りの目安について紹介します。

アドセンスの場合

アドセンスの場合は、ブログのアクセス数と比例して収益は上がっていきますが、訪問者の属性によって上がり方は多少変わってきます。

芸能系のトレンドブログの場合、ブログにもよりますが目安としては、約月間400万PVでアドセンスのみで月収100万円近く稼げます

スマホゲーム系のブログの場合芸能系の3倍以上のアクセスを集めてアドセンスで月収100万円を稼げるぐらいになります。

この違いというのは、

・訪問者が何を求めているか
・訪問者の属性

収入は同じでもアクセス数が全然違うのには、上記2つが関係していると考えています。

まず訪問者が何を求めているかについてですが、芸能系の場合は“今すぐ情報を知って活用したい”というわけではなく、“ただなんとなく情報を知りたい”と思って検索している人が多いと予想できます。

急いで情報を取りに来ていないため、アドセンス広告など何か興味がある内容が表示されたらそちらに移動しやすい。

ですが、スマホゲーム系で攻略情報を求めてきている場合。

それは“ただなんとなく情報を知りたい”ではなく“今すぐ情報を知って活用したい”という訪問者が集まりやすいです。

そのため、広告には目もくれずに情報を受け取ったらすぐに現実に戻ってしまう。

また、訪問者の属性もネットに慣れている人は広告を広告として認識しているためクリックされにくいですが、ネットにあまり慣れていない人の場合は広告に興味がある内容が表示されるとクリックしやすいと考えています。

これらネタや訪問者の属性でアクセス数と収入というのは変わってくるのです。

ブログとアドセンスは、アクセス数が増えることで収入も比例して増えていきますが、ネタによっては収入(報酬)の増え方が変わってきます

なので、ネタ選定も大事なポイントになります。

ASP案件の場合

アドセンスで稼ぐ場合はアクセス数によって収入も伸びていきますが、ASP案件の場合はまったく変わってきます。

・どのようなアクセスを集めるか

というのがASP案件で稼ぐ上で大事になってきます。

ですから、ASP案件の場合はあまりブログのアクセス数と収入は関係なく、アクセス数の目安も集めている訪問者によって変わってきます

例えば、先日開設したばかりのブログでは、アクセス数はほぼない状態に等しいです。(3記事しか入れていないので汗)

ただ、それでもとある案件を仕込んでいる結果、このように収入にも結びついています。

同じ案件を入れているブログがあります。

こちらは開設したばかりのブログよりも100倍のアクセスがあります。(こちらは10記事ぐらいです)

ですがこちらのブログでは、クリックはされるものの成約には結びつかずASP案件での収入はありません。

この違いというのは、それぞれの記事のネタに集まるアクセス(訪問者)の違いです。

詳しい説明はここでは省きますが、案件を潜在的に求めている、顕在的に求めている人を集められているかどうか。

これがもし、
どちらも当てはまらずただ紹介しているだけ、もしくはどちらか当てはまっても弱ければ、例えアクセスを大量に集めたとしても収入にも結びつかないというわけですね。

ですので、
ASP案件をブログの収益化のメインにする場合、大量のアクセスを集めるよりも、興味を持っている人のアクセスを集めるほうに力を入れたほうがいいです

 

まとめ

以上、ブログのアクセス数と収入の目安についての説明でした。

ブログのアクセス数と収入の目安をまとめておくと

アドセンスだけの場合
〜アクセス数と収入は比例しやすいが、ネタによっては差が生まれてしまう
<月収100万円の目安>
芸能:月間300〜400万PV
スマホゲーム:月間1500万PV

ASP案件だけの場合
〜アクセス数と収入は比例せず、どのような人を集めるかが収入を決める

具体的な目安にはなっていないのが申し訳ないですが、アドセンスでは月収100万円を目安にすると、アクセス数は300万〜500万ほど集められれば可能です。(スマホゲームは結構特殊なので)

あとは、

月収10万円なら10分の1
月収50万円なら2分の1

と計算すると、だいたいの目安が見えてきます。

アクセス数と収入の目安は、稼ぎ方によって変わってきます。

なので、そのことを忘れずに記事ネタを決めたり、記事の書き方を変えたりすると、より効率よく稼げるようにもなりますね。

【プレゼント&PASS】ブログメール講座

※Gmailなど普段使っているメールアドレスを入力してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。