ワードプレスのアイキャッチ取得プラグインAuto Post Thumbnailの使い方

こんにちは、グッチです。

ブログのトップページにも、記事ページにも文字だけよりも画像があったほうが人の目を惹くことができ、また、どのような記事なのかを読む前に相手に知ってもらえたりします。

そのため、ブログのトップにも記事ページにも画像(アイキャッチ)はあったほうがいいです。

ただ、記事を書くときにいちいち設定するのは大変ですし、過去の記事もひとつひとつ設定していては時間が取られてしまいます。

そのめんどくさい作業を避けるためにも、この記事ではアイキャッチを自動で取得してくれるワードプレスのプラグイン『Auto Post Thumbnail』を紹介します。

 

Auto Post Thumbnailとは?

ワードプレスのアイキャッチ取得プラグインである『Auto Post Thumbnail』は今説明した通り、記事毎に自動でアイキャッチ画像を取得、設定してくれるプラグインです。

記事毎の一番上にある画像をアイキャッチ画像として取得して設定してくれます。

また、過去の記事でアイキャッチ画像が設定されていないものも後ほど説明するやり方を行えば、数秒〜1分程度ですべて自動設定してくれます。

ただ、アイキャッチ画像を取得する上で重要なのは記事に画像があること

当然、記事で画像を使っていないと『Auto Post Thumbnail』を使ってもアイキャッチ画像を設定することができないので、画像を用意するのは自分で行う必要がありますね。

また、取得する元の画像のサイズも大きいものなら構わないのですが
(自動で大きさを設定してくれるため)

元の画像が小さすぎるとそのサイズの画像がアイキャッチに設定されます

ですので、個人的には記事では横長の大きい画像を使うことをおすすめします。

ただ、これら注意点を押さえれば非常に使い勝手の良いプラグインです。

では、ワードプレスのプラグイン『Auto post Thumbnail』の使い方を説明します。

 

Auto post Thumbnailの使い方と設定

ワードプレスの管理画面からプラグインを選択し、新規追加から『Auto Post Thumbnail』と検索して、インストールしたあとに有効化してください。

有効化した時点で今後記事を更新する際に自動でアイキャッチを取得してくれる状態になります。

ただ、有効化しただけでは過去の記事のアイキャッチ画像は取得してくれません。

過去の記事もアイキャッチ画像を自動で設定したい場合は、ワードプレスの管理画面の設定からAuto Post Thumbailを選択します。

そして、表示された画面で【Generate Thumbnails】をクリックします。

そして次の画面で100%になったら過去の記事のアイキャッチ設定も完了です。

※過去の記事に画像が入っていないとアイキャッチは取得できませんので注意です。

補足:アイキャッチの大きさ変更

アイキャッチ画像のサイズは管理画面の設定の中にあるメディアから変更することができます。

小さい場合は数字を大きく、大きい場合は数字を小さくしましょう。

ただ小さい画像の場合、大きくならないケースもありますので、先ほど説明したように日頃画像はなるべく幅が大きいものを使うようにするといいですね。

※ただ、大きすぎると容量が多くなり表示スピードが落ちますので注意

 

おわりに

以上、ワードプレスのアイキャッチ取得プラグイン『Auto Post Thumbnail』の使い方と設定についてでした。

最初にお話した通り、アイキャッチ画像があるだけで読み手の印象は良くなります

twitterやFacebookといったSNSでも目立ちますので、記事の顔としてアイキャッチ画像を使うようにしていくといいですね。

Auto Post Thumbanilは僕が必ず入れているプラグインです。

プラグインは何を入れていいかわからない場合はこちらの記事を参考にしてください。

【2017】ブログに必ず入れるワードプレスのプラグイン一覧

2017.04.07

また、

ブログにアクセスを集めたい
ブログで稼げるようになりたい

という場合は、メール講座でプレゼントしているマニュアルも参考になるかと思います

そちらもよければチェックしてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

【プレゼント&PASS】ブログメール講座

※Gmailなど普段使っているメールアドレスを入力してください。

1 個のコメント

  • アキモトといいます。
    ランキングからきました。
    自動でアイキャッチを入れてくれるなんて、
    いつも、画像で悩む僕にはありがたいです。
    また、よらせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。