アドセンス広告のクリック率を上げる方法その2(配置位置)

sumaho

こんにちは、グッチです。

前回の記事に続き、今回もアドセンス広告のクリック率を上げる方法についてお話します。

前回はデザインということで、記事の中の広告前後の改行幅についてでした。

改行幅を少し変えるだけで、クリック率が0.1%ほど上がったケースもありますので、やはり見た目も大事になり、いかに広告をブログに溶けこませるかによってクリック率が大幅に変わることもあります。

そして今回は、アドセンス広告の配置位置についてです。

アドセンス広告の配置位置もクリック率が大幅に変わることがありますので、自分のブログと照らしあわしながら確認してみてください。

 

広告は訪問者の目に見える場所に

2015年4月にGoogleもスマホに対応しているサイトを検索結果で優遇するというアルゴリズムを組み込みました。

それぐらい、最近ではスマホユーザーが増えてきています。

実際、下記のようにあるジャンルのサイトではスマホアクセスが90%を占めるものもあるぐらいです。

 

少し前まではPCユーザーを考えてアドセンス広告を配置すればよかったのですが、今後はアドセンス広告の配置もスマホを意識して決めたほうがクリック率は良くなります。

2013年にアドセンス広告の配置はZとFの法則で決めるとクリック率が良くなりやすい、という記事を書きました。

ただ、これはPC向けの広告配置位置になります。

ですので、クリック率を上げるために広告配置で意識するべきことは

スマホを使う訪問者の目に見える位置に広告を配置する

ということになります。

 

アドセンス広告のオススメ配置位置

では、クリック率が良くなりやすいアドセンス広告の配置位置についてですが。

記事途中×2
記事下×1

 

この、記事を読んでいる人の目に入る位置がクリック率が良くなりやすいです。

記事の上に設置するのは、アドセンス規約に違反する恐れがあるので、moreタグなどを使って、書き出し文の下辺りに設置するといいでしょう。
ワードプレスで記事の途中にアドセンス広告を設置させる方法

ただ、この配置位置にする場合の注意点もあります。

それは記事のボリュームが少ないと広告ばかり目に入るようになるということです。

それだと、訪問者にとっては記事<広告みたいに感じてしまうので、記事のボリュームもある程度必要になります。

また、もうひとつの注意点はスマホで閲覧した時に画面に広告が2つ表示されないようにすることです。

こちらも、記事のボリュームを増やすことで解決することができますので、記事の中に3つ広告を設置するときは、ある程度の記事ボリュームが必要になりますね。

 

まとめ

以上、アドセンス広告のクリック率を上げる方法(配置位置編)でした。

前回の記事でもお話しましたが、アドセンス広告のクリック率を上げる際、1週間近く(できればそれ以上)様子を見ることが大事ですので、毎日のデータを取ってみて判断してみるといいですね。

広告をいかにブログに溶け込ませて、訪問者の目にはいるようにするか。

これによってクリック率がガラッと変わったりしますので。

ただ、それでもクリック率が1%に満たないケースもあります。

その原因については、次回の記事で説明したいと思います。
アドセンスのクリック率(CTR)が低い理由で考えられること

sumaho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>