AdSense Managerの設定と使い方!記事途中に広告表示するプラグイン

digi

こんにちは、グッチです。

この記事では、ワードプレスのプラグイン「AdSense Manager」を活用して、記事の途中に広告を表示させる方法について説明します。

こちらの「ワードプレスで記事の途中にアドセンス広告を設置させる方法」では、moreタグを活用して記事途中に広告設置をさせましたが、今回紹介するAdSense Managerでは専用のコードを使い広告を設置します。

ですので、moreタグをいちいち使わない場合はAdSense Managerを活用しましょう。

 

AdSense Managerの設定

ダッシュボードから、プラグイン内にある新規追加をクリックして「AdSense Manager」と検索します。

そして、表示されたプラグインから「今すぐインストール」をクリックします。

AdSense Managerのインストールを完了させたら、そのまま「プラグインを有効化」しましょう。

続いて、AdSense Managerの設定です。

インストールしたAdSense Managerはダッシュボードの投稿内にある「Ad Units」で設定をすることができますので、そちらをクリックします。

表示された画面に、まずは取得したアドセンス広告のコードを入力します。

入力したら「import>>」をクリックします。

そして、次に表示される画面での設定が重要です。

AdSense Managerを使って広告が表示されないケースがたびたびありますが、それはここでの設定による場合が多いので、必ずチェックするようにしましょう。

表示された画面内にある「Display Options」の

・On Homepage
・On Posts
・On Pages
・On Archives
・On Search

初期の設定では「Use Default」となっていることがありますが、これらすべて「Yes」に変更します。

※下記の画像ではすべてYesになっていませんが、すべてYesに変更してください。

変更が完了したら「Save Changes」をクリックして完了です。

ちなみに、Ad Unitの中のNameの部分は、後ほど使うコードの一部となりますので、変更しても、しなくてもどちらでも構いません。

以上で、AdSense Managerの設定は完了です。

AdSense Managerでは、いくつも広告の設定をすることができますので、もし複数の広告を表示させる場合は同じ要領で設定を済ませてください。

 

AdSense Managerの使い方

AdSense Managerで設定した広告を記事の途中で表示させたい場合、記事の投稿画面にて下記のコードを入力すれば、設定した広告を表示させることができます。

[ad#co-1]

※co-1の部分が、設定時のNameの部分になります。

上記のコードはビジュアルでもテキストでも使うことができます。

頻繁に使う場合はプラグインのAddQuictagに設定をしておくと非常に便利です。
AddQuicktagの設定方法と使い方について

 

まとめ

以上で、プラグイン「AdSense Manager」を使ってワードプレスで記事の途中にアドセンス広告を設置する方法の説明を終わります。

アドセンス広告のみならず、毎回紹介したい記事や別の広告でも使えるので、一回一回文章を入力したりコードを取得したりするのがめんどくさい場合は、一度設定して短縮コードで活用していくといいですね。

また、アドセンス広告は配置位置によってもクリック率が大きく変わってきます。

ですので、どこに配置しようか迷っている場合はこちらの『アドセンス広告のクリック率を上げる方法その2(配置位置)』をチェックしてみてください。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

digi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>