アドセンスのクリック率(CTR)が低い理由で考えられること

こんにちは、グッチです。

前回、前々回とアドセンス広告のクリック率を上げる方法についてお話しました。

ただ、それでもクリック率(CTR)があまり上がらないことがあります。

そこで、今回はアドセンスのクリック率(CTR)が低い理由で考えられることについて、僕の事例などを踏まえてお話していきます。

 

ジャンルによって変わるクリック率

まずは下記のデータをご覧ください。

 

こちらは僕が所有しているブログのジャンル毎に分けたクリック率(CTR)になります。

※あくまで1つの参考事例として見てください。

芸能系、ネタブログ(バイラルブログ)はクリック率が1%近くありますが、ゲーム系とアニメ&漫画系のクリック率が低いのがわかります。

また、コンサル生のデータを持ってくると

イベント&地域系ブログ:約1.5%
ダイエット&ファッションブログ:約2%

このようにジャンルによってクリック率が大幅に変わることもあります。

そのため、ゲーム系やアニメ、漫画といったジャンルのブログを運営している場合、アドセンスのクリック率(CTR)が他のブログに比べて低くなってしまうことがあります。

では、どうしてジャンルによってクリック率が変わるのか?

それについてお話していきたいと思います。

 

訪問者の属性で変化するクリック率

クリック率が低い理由として、2つ考えられるものがあります。

表示される広告
訪問者の属性

ただ、ゲーム系やアニメ、漫画系のブログにはアドセンス広告もそのジャンルの広告が表示されることが多くあるため、表示される広告が原因でクリック率が低いというのは考えにくいのではないかと。

そのため、クリック率が低くなるジャンルで考えられる原因としては

訪問者の属性

ここが一番の問題になっているのではないかと考えています。

ネット慣れしているか、ネット慣れしていないか。

だから、訪問者の割合が広告を広告として認識している層かどうかによってクリック率が高かったり低かったりするのではないかという点です。

そのため、

ジャンルによってアドセンスのクリック率が低い現象も起こるのでしょう。

他にも、検索する理由(暇つぶしなど)も関係するのではと考えています。

 

クリック率が低い場合の対処法

ブログに書いているジャンルによってはクリック率が低いままということもあります。

なので、

そのままではアドセンス広告のみに頼って収益を上げるのが難しくなってしまいますね。

ですので、どうしてもクリック率が上がらない場合は、物販系の案件であったり、ゲームであればスマホアプリやポイントサイトなどを絡めて収益を伸ばすようにするといいです。

または、とにかくアクセスを集めてクリック率なんて関係なくするか。

ブログのジャンルを絞ることによって、訪問者の属性もわかりやすくなるので、アドセンス広告以外の収益化ができないかを考えてみるといいでしょう。

 

まとめ

以上、アドセンスのクリック率(CTR)が低い理由で考えられる点についてでした。

ゲーム系や漫画アニメ系のブログは書きやすいので好きですが、アドセンスだけに頼っていては収益を上げるのが結構難しいので、他のASPを頼ったほうがやりやすいですね。

もし、

あなたが運営しているブログのアドセンスのクリック率が低いなと感じるのであれば、訪問者の属性などを考えてみるといいかもです。

それでも、

この数字はおかしい!

という場合は、配置や広告前後の文章を確認してみるといいです。

3 件のコメント

  • こんにちは!
    ランキングから来ました。
    訪問者の属性を考える…という所までは
    アイディアがありませんでした!

    参考になりました。^^
    ポチ済みです。

    また来ますね!

    • えりぃさん
      コメントありがとうございます。

      やはりネット慣れしている訪問者が多い場合は、
      どうしてもクリック率は下がってしまう傾向があると思います。

      ですので、そこは仕方ないと諦めて違う収益化をするか、
      または少しでもクリック率をあげられるよう試行錯誤するか。

      となりますね。

      またよければ訪問してくれると嬉しいです!

  • こんにちは。
    以前、来させてもらって
    私もちょっとお休みしていたので
    久しぶりにこさせてもらいました。

    とっても読みやすかったので
    また更新楽しみにしています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。