AddQuicktagの設定方法と使い方を紹介!効率よく記事が書くのに必須

kaku

こんにちは、グッチです。

WordPressで記事を書くときに毎回使うタグはありませんか?

特にビジュアルではなくテキストで記事を書いている人には多いと思います。

画像のタグや文字の色のタグ、改行のタグ…etc

各タグやコードを覚えていないといちいち調べたり、メモ帳などから引っぱり出さなくちゃいけなく、それだけで時間がかかってしまいますが、ワードプレスには「AddQuicktag」という便利なプラグインがあります。

各タグやコードを設定しておけばボタン一つで入力できるというものです。

そこで、この記事では「AddQuicktag」の設定方法と使い方について紹介していきます。

 

AddQuicktagの設定方法と使い方

では、さっそく『AddQuicktag』をインストールしましょう。

【プラグイン】の【新規追加】から『AddQuicktag』と入力して検索し、インストールして有効化まで済ませてください。

それでは、AddQuicktagを設定していきましょう。

AddQuicktagは左側の設定内にありますので、そちらをクリックしてください。

それぞれ簡単に説明しますと

ボタン名:表示されるボタンの名前

ラベル名:管理しやすい名前(空白でもOK)

開始タグ(Start tag):設定したいタグの開始タグ

終了タグ:設定したいタグの閉じるためのタグ

アクセスキー(Accsess kye):空白のままでOK

順番:表示させたいボタンの順番(空白でもOK)

上記のようになっていますので、それぞれ必要な箇所を入力し、一番左のチェックマークにチェックを付け、すべて選択してください。

入力してチェックをつけたら、下にスクロールして【変更を保存】をクリックします。

すると、2つ目を設定できるようになりますので、同じ容量で設定したいタグを入力して保存しましょう。

設定が完了していれば、投稿画面にて下記のように設定したタグのボタンが表示されているはずです。

 

AddQuicktagの使い方

AddQuicktagの使い方は、投稿画面で改行や画像など開始タグだけ設定しているものに関しては、ボタンを1回クリックすると表示されます。

引用など終了タグを設定しているものに関しては、1回目クリックすると開始タグが表示され、2回目クリックすると終了タグが表示されます。

使い方は簡単ですので、色々と試しながら慣れていくといいでしょう。

 

必要のないボタンを削除

次に、記事を書く際にはじめから表示されているボタンの中から、いらないボタンを削除する方法についてです。

AddQuicktagの設定でデフォルトのボタンを消すこともできます。

設定からAddQuicktagを選択し、設定画面の中に下記のような部分がありますので、使わないボタン、消したいボタンにチェックを付けます

このときの注意点です。

すべてチェックを付けて設定しているのにボタンが消えないときがあります。

これはAddQuicktagの不具合なのか、ボタンすべてにチェックを付けると記事を書く画面でのデフォルトボタンが消えません

ですので、一つの項目はチェックを付けずに設定するといいです。

同じく、記事を書く画面でボタンが消えない場合は、AddQuicktagの設定画面から一番下のフルスクリーンのチェックを付けずに設定してみてください。

これらすべて設定が完了したら【変更を保存】をクリックします。

するとこのように自分が使うボタンだけを残すことができるようになります。

設定しておくと便利なタグ

では最後に、設定しておくと便利なタグを紹介します。

僕がどのブログでも設定しているのは『引用』『画像』『改行』の3つです。

引用・・・開始タグ(<blockquote>)終了タグ(</blockquote>)
画像・・・開始タグのみ(<div align=”center”><img src=”" width=”500″></div>)
改行・・・開始タグのみ(&nbsp;)

他にもテキストで文字の色などを変更したい場合は、赤字のコードを入れておくなど、それぞれ設定しておくと便利です。

赤字・・・開始タグ(<span style=”color: #ff0000;”>)終了タグ(</div>)

また、記事の途中にアドセンス広告を表示させたい場合は、AdSense Managerというプラグインを活用して、AddQuicktagと組み合わせると便利ですね。

 

終わりに

以上でAddQuicktagの設定方法と使い方についての説明を終わります。

タグを入れるなどで記事を書くのに時間がかかってしまっている人はぜひAddQuicktagを導入して、記事を書いてみるといいでしょう。

はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば効率よく記事を書くことができるようになりますので。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

kaku

2 件のコメント

  • はじめまして
    桜井 まことと申します

    わたしもWPブログではビジュアルアディタを使っていましたが
    なれてくるとタグのほうが快適です。

    AddQuicktagの使い方w拝見しましたが
    シンプルでよさそうですね

    試してみたいです

    応援します

    • はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      慣れるまでは少し大変かもしれませんが、
      慣れたら書くのもスムーズになりますね。

      応援もありがとうございます。

      またよければ訪問してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>